準中型免許が新設されました!!

「準中型免許」が新設されました!(平成29年3月12日から)

準中型免許とは。。。

 平成27年6月17日に公布された「道路交通法の一部を改正する法律」により、「準中型免許」が新設される事となりました。新たな「準中型免許」は、若い人がトラックドライバーの仕事に従事しやすいように新設された免許で、普通免許の保有を前提とせず、18歳で取得することが出来ます。
 新たな「準中型免許」によって、トラック運送業界への若い人の就業間口が大きく広がり、高校新卒者をはじめとして若年ドライバーの積極採用に大きな期待がかかっています。

 車両総重量3.5トン以上7.5トン未満のトラックが対象
 18歳で普通免許がなくても取得可(普通免許に技能教習を7時間プラス)
 現行普通免許保有者は自動的に「5トン限定準中型免許」(下図※1の区分まで)に移行
 「5トン限定準中型免許」からの限定解除教習は技能教習4時限と技能審査でOK
 平成29年3月12日からのスタート



※ 運転できるトラックの車両総重量及び最大積載量は、上図の通りになります。(施行後)
  免許証の種別と車検証で運転の可否を判断する必要があります。